« 遭遇!誰でしょう? | トップページ | 生きている世界は、自分の意識?! »

2012年2月27日 (月)

私のしごと

遭遇したのは、工藤静香母子でしたshine

やっぱり芸能人オーラって、凄いですよーー
人目を引きますからlovely


そしてこの週末にこの出会いと、起きた様々なことは
やっぱり!ってくらいの大きな節目になりました。


昨年末から、「昇華」と「始動」のメッセージが来ていた私。
ゲシュタルト(人格)のこと。
セドナで浄化と解放。
初心と「心と体」「自己肯定感」の重要性を追って来た25年。

50歳で迎えると思っていた死。




この数年間来ていたメッセージ「覚悟」

繋がった。




息子との東京デートは、終始 珍道中!20120226_101546_2
携帯電話のナビに頼っていたので、ホテルが解らず、
1時間ほど銀座をさ迷い、最後はポリスマンにheart04
。。。ちなみに、セドナでは全く筋肉痛にはならなかったけど、
東京のアスファルトは、体にきく。

2日目の代官山では、帰ろうと改札通ってから、
息子、この斜めがけバッグ、

忘れようないだろう、このバッグ。。。。。

「俺、バッグない!?」



慌てて戻ったカフェのかごの中に、発見したものの、
無いまま、30分は買い物で歩いたのに。
お店の既に座っていた女の子達に、かなり笑われていたhappy02
可愛がってもらっていた。








鹿児島のKさんも、現われる再会と
新たな 経営コンサルタントでもあり、陰陽師でもあり
算命学の師である方との出会い。


「宿命と運命」
ちなみに、息子は宿命通りに生きていた。
こんな人も珍しいと。
それは、親の私達も彼を尊重しようと思ったし、彼が色々を教えてくれた気がする。



そのさなか、



「たたのお母さん危篤」のメール。



夕方、燕三条へ着き、
出発の際、駅、駐車場満車で車をアエルさまに。
よって、帰って中澤家と飲むはずだったけれど

迎えに来てくれた彼らと 病院へdash




私達が着く 15分前くらいに


彼女は天国へ旅立った。

抗がん剤治療もせず、
延命処置をしない契約書も書き、



大好きな「食」の提供を最後まで、続けていた彼女。



最後は、苦しむこともなく
静かに。そして、潔いと彼女の息子が言った。




また覚悟させられた。




自分の内側を生きなさい。
外側ばかりに目をむけていないで
自分の内側を生きなさい。
そのためには、


自分を感じることが大切です。


いづれ来る 肉体の終わり。



したいことをしなさい。
そのために、本当にしたいことを感じること。




そのサポート、それがこれからの私の仕事です。

« 遭遇!誰でしょう? | トップページ | 生きている世界は、自分の意識?! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遭遇!誰でしょう? | トップページ | 生きている世界は、自分の意識?! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ