« 報告 | トップページ | 存在。 »

2007年2月13日 (火)

全体から部分をみる

Cimg0441 久々、我が家のご飯。kumi&KUWAでーーす!

私はこの直後、隣の甘ーく温かい誘惑に負け
(電気カーペット)
2人の会話が子守唄♪
気がつけば、片付いたテーブルと静かな我が家の深夜2時。
私の背後から
「2人が片付けてってくれたよーーー」と息子の声。

ありがとうーーー
ごめんなさぁぁぁい!咽び泣きながら寝ました。

さて、皆さんはどんな連休をお過ごしでしたか?

私は充実の3日間^^
今月唯一、オフ日の11日は、確定申告1年分をやろう!と
心に決めていたのに、まったりと過ごしてしまいました^^v

ごろごろ、読みたい本を読み、
ゆったりお湯につかり、
のんびり、食事。

そう、以前なら、
「あ~書類片付けなきゃ!!」と心のどこかで
焦りながら、「今」の時間を過ごしていた事態。

随分と、心のスイッチを切り替えられる様になりました^^v

何故だろう???
勿論、年を重ねてくると、
体験も(心の体験も含め)多くなり、さじ加減が自分で解ってきます。
このくらいまでなら、私、やれる!なんて限界の基準が見えてきます。

それもある!
でも、もっと新たな私の発見は、

「人の可能性は計り知れない!」
そんな体験を、自分でも、周りの人でも、目の当たりにして来ると、

「よし、やろう!」と決めた時、
「可能性は、自覚できないほど、人はみな、自分の中に秘めている」という感覚を信じ込んでいる私は、

凄い集中力が生まれます。
「やれる」自分でそこに居ます。
限界基準が広がります^^v(これに慣れてはいけない。。。)
んーーもしかしたら、カラダって、この、自分の今の能力のサインを出してくれる。

んーーーー不思議。
昨日は、「日本一わかる!生理解剖学講座~自律神経・無意識・骨盤編」
を受けに、東京へ。

共感!!!

私は、健康学習学会の石川先生が、5、6年前に、同じ事を言っていた事を思い出した。
それは、部分部分を観ることの大切さから、統合的な見地の必要性。

5,6年前に聴いたとき、私は、「コレだ!」
ずっと、感じてきていて、ずっと、伝えたかったこと。
例えば、
自分の「この目がもっと、パッチリだったら。。」と
目だけ見るのではなくて、自分という全体を見よう!

日本だけを見ることも大事、と同時に、世界、宇宙を見よう!

子どもの、今を見ることも大事、と同時に、未来からの今も見てみよう!

・・・・・

カラダの歪み。。。。
コレって、本当にその部分だけではない問題があります。
ココロから来ているかもしれないし、他の部分の歪みからかも知れない。
全体を見て、部分を見る。

よーーし!
2月いっぱいで申告書類を片付ける全体から、

今日をみようっと^^

  ・・・昨日、主人が、パソコンに弥生会計(昨年まで不調だったの)を
入れなおしてくれたの。おほほ、既に、終わった気分。まずい。

« 報告 | トップページ | 存在。 »

コメント

本当、まさにそう!
今日も私にピッタリな言葉をありがとうございます。

そう、一部分を見たときに全体に置き換えて違った角度で見てみること。これでどんなに気持ちが楽になることが多いか。

先生のおかげでまた良いテクニックが学べました^-^ヤッター

東村山ママさん、
いつも、真摯に自分と向き合っている姿に感動します。

そうですよね。
全体から観てみる視点。
すごく重要と思います。

宇宙からみたら
一人一人の失敗なんか、
ちっちゃいものだものね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 報告 | トップページ | 存在。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ