« 心から漲る! | トップページ | 過去の意味は、変えられる »

2007年2月 2日 (金)

マイナスの強化

Cimg0407 これ、かりんとう♪

実はスタッフの1人から、教えてもらってから
結構ハマッてしまった私の、
「疲れた脳への栄養補給」(って言うと、何だか必要性に感じるでしょ^^;)
軽く塩味の効いた甘みと、
ゴマの風味。
カリッとした食感。。。。おほほ、スーパーで見つけたら買い!ですぞ!

さてさて、

「マイナスの強化」のお話。
先日の子育て講座で、妙~に納得されました。

「ちょっと、気をつけて!こぼしちゃダメよ!」
小さい子供が、お盆に水の入ったコップを運ぶお手伝い。
慎重~に、慎重~に、ソロリソロリと、運び始めた時、
ママは言います!

  そして、「あ~あ」こぼしてしまった結末。

よくあるお話。

「私って、どうしても片づけが出来ないのよね」
「なんで、私って、(あなたって、)○○できないの?」

貴方は、知らず知らず、マイナスの強化を脳にしているのですよ(こわっ)

脳は否定語を持たない!
以前お話しましたね。

言葉にしたり、心の中で言葉を発したりすると、
それは、脳へ信号として送り込まれインプットされます。

「こぼさないで!」
って声を掛けると、途端に、「こぼす」イメージが湧きます。
すると、緊張したりして。。。。。。あーーーー

「片付けられないのを止めたい」
そう、自分へ目標を立てているつもりでも、
脳は、片付けられないをイメージして強化しています。
「少しづつ、片づけが出来る私になる」に置き換えたら?

「なんで?できないのよ!」は
できない自分ばかりイメージしては、考える。

そこを観ることも大事。

そして、できるなら、
「できる」自分を観た方が、なりたい私への早道★

過去は変えられない。
未来と自分は変えられる!って言うでしょ?!

できなかった自分だけを観ないで
できる自分に向かって動き出したいよね。

« 心から漲る! | トップページ | 過去の意味は、変えられる »

「イキイキ生きる」カテゴリの記事

コメント

そうそう。私もこのことを知ってから、小さい子に、
「しっかり持ってね。」
と言うようになりました。
すると、お見事!
みんなしっかりと持てるんですね(*^^)v
自分にも、人にも、いい言葉をかけたいです。

Langcoachさん、コメント、ありがとうございます!

本当に、そうですよねーーー
そして、それを実践できているLangcoachさんって素敵です☆

気持ちって、言葉によって違うものになったりしますよね。
けれど、それぞれの理解の仕方で、
また、違うものとして受け止められますよね。
だから、コミュニケーションって大事だなぁと
改めて感じさせてもらいました。
ありがとうございます。

人にも、自分にも^^ですよね^^温かい気持ちになりました。
きっと、Langcoachさんが温かい人なのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心から漲る! | トップページ | 過去の意味は、変えられる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ