« ちょっと立ち止まって! | トップページ | »

2006年10月 7日 (土)

受け入れて

200610071217000 私がイジメている訳ではありません^^

本日、新潟市小針青山公民館さんにて

「子どものキモチ!コーチングから学びましょう」
に招かれ、終了後の担当の竹内さんと、企画委員さんと感動の涙。

いきなり、
打ち合わせの段階で
「コーチングのスキルは、教えません^^」キッパリ!!

そんな私の言葉に????だった事でしょう。

情報に踊らされ、惑わされ、
スキルに原因を求め、救いを求め、
そして、自分を責めたり、何かのせいにしたり・・・・

それだけは防ぎたい。
自分の軸をしっかり持って、
「そこから」「ここから」を子どもと共に学び
自分の力で生きる事を、楽しむ事を、育つ事を・・・・
知って、生かして欲しいなって

2時間の講座は、

あっと言う間に過ぎます。

実例を出し、自分と照らし合わせ、知恵となる知識を持ち帰ってもらいます^^

子どもって、皆、ママが大好きですね。
僕のこと好き?
私のこと好き?って。

そして子どもたちは、成長と共に、
「自分」を受け止めて欲しいって・・・・・

それは、子どもだけでなく、大人も一緒よね^^

実は私、もう6年も前になる2つのお話を、どこでもお伝えしています。

認められると、人は元気になります!
自分で自分を認めると、人は愛で溢れます。生きる希望が持てます。

そして、その2つの話は、80代のピカピカ頭のおじいちゃんと
板橋区健康教室で出会ったガン患者さんのお話でお伝えします。

最近、づつきができました。
それはとある、就職を前にマナー講習会の講師として出会った高校生。

そんなお話を今日はしますね。

私は、マナー講師としては全くの素人。
ただ、自己表現学のカウンセラーとしてのマナーはお伝えできます。
そして、人として大切な心のお話はできます。

それでも、と言うことで伺った高校3年生のクラス。
3クラス同時に進むマナー講習会2時間。
他のクラスの講師は、皆さん、マナー講師。(ふぅ^^;)

私が入らせて頂いたクラスは、ちょっと、よろしくない風貌の男子が大半を占めるクラス。

最初に先生は、私に言いました。
「こいつらは、1時間と椅子に座っていられません。」と。。。。。。
(どういうこと?講座は進められるの?泣)

そう、クラスの誰1人、私の方など向いていません。

さぁ私は、最初は、マナーと全く関係ないだろう2つの話を始めます。
(実は、大ありなのですが)
その内容は、「承認」の重要性です。
認められていますか?認めていますか?自分を、周りを・・・。
ピカピカ爺ちゃんと、ガン患者さんのお話でします。

とっところが!
この話を始めたら、態度は変えないものの、
皆が、私を一斉に見ました^^

嬉しかった!
この子達は、分かっている!そして、求めている!

誰一人椅子から離れる子は居ませんでした(最後10分、1人の男子が2回立ったけどね)

さぁ
その男子の話です。

この男の子が私に大きな機会をこれから、与えてくれるのです。
この男子。
実は、コネで県外に1人で就職が決まっていて
すこぶる見た目は、よろしくない(^^;ホントなのよ)子。

実は私、その後、中学生にもマナー講習に出向いていたものの
マナーの講習会より、心構え編になっていて、
他のクラスと折り合いはどうだろうと、、、最後の約束の学校を断ろうとしていたのです。

そんな時、
その男子くんから(既に卒業、就職して夏の頃)
1通のメールが来ました。

「俺を覚えているか?・・・・の・・・・です。
俺は正直、ずっと、「どうせ、おまえなんか」と言われ続け、
就職も、親にも、友達にも、先生にも
「おまえなんか、どうせ続かねーー」と言われていて
マナー講習なんか受ける意味がねぇと、想っていた。

けれど、水科さんの話の
ピカピカ爺ちゃんとがん患者さんの話は今でも、思い出す。
何だか気持ちが軽くなった。俺でもいいんだなって想った。

水科さん、頑張ってくれ!

俺は、まだ仕事を続けているし、髪も染めなおし、挨拶もしている。」

私は心から、嬉しかった。
彼に背中を押され、断るはずの中学校に、
最後と想って伺いました。

勿論、彼の話まで、しました。

なんと、中学2年生30数名、全員が泣きました。

驚きました。何を想っているのかは分かりません。

けれど、私は彼等の心の声、
心の叫びを聴いた気がしました。

「俺はここに居るよ!ねぇ、観て!本当の俺を!」
「私はここに居るよ!ねぇ、私のこと、もっと知って!」

そして、それは
ずっと、イイ子で生きてきた私の心の叫びでもありました。

本当の、ありのままの自分を受け止める
受け止めて欲しい

それは、子どもも、親も、大人も。。。。。

みんな、この世に1人しかいない、大切な存在ですものね^^

« ちょっと立ち止まって! | トップページ | »

きらきら自分育て!わくわく子育て!」カテゴリの記事

コメント

PCの画面が、涙が浮かんでよく見えなくなってしまいました。

私も、いつも、そう思っています。
認められることって、とても大事ですよね。
だけど、親に相手にされない子もいます。

そんなとき、誰か大人が必要だと思うんです。
先生でもいいし、水科さんのように、縁あってであった人でもいい。

彼は、ラッキーでしたね。
だけど、このラッキーは彼が自分でつかんだラッキーだと思います。
それに気づかせた水科さんは、やっぱり、すばらしい!

パチパチパチパチ!!!

失礼します。
今日は素敵なセミナーをありがとうございました。
スキルは教えません、の言葉にうれしくなった私。
自分の悩みへの答えや手法を求め、いろんな講座を
受けたけれど、教わる事と現実とのギャップを感じていたので
この言葉にはとてもひきつけられました。
2時間はとても濃く、心が温かくなったり切なくなったりしながら
私のツボの中に宝石がいくつも入ったような気がします。

こんにちは。毎日楽しみに拝見させて頂いております。
昨日はとても素敵なセミナーをありがとうございました。
本当に心にしみ入るお話ばかりで、思わず何度でも
メモをとってしまいます^^;

水科さんに出会えてよかった…としみじみ思っておりまして。
私も幼い頃からいい子デキる子と言われ続けてはきたけれど、
本当の自分を認めてもらえずにずっと苦しんできたことも
思い出しました。
いま、やっと気持ちが軽くなったような気がしています…
自分で自分を認めることができたからなのでしょうか。

ところで、某連続講座の後日談になるのですが、
「ママってなんだか変わったね!○○講座に行って
本当にやさしいママになるなんて、なんて素晴らしい
講座なんだ!魔法みたいだね~♪」と大喜びしていた
甘えん坊主を久々にここ2~3日毎朝くどくど
お説教三昧しては「な~んだ…」とあきれ顔にさせ、
「やっぱりダメな私かも…」と落込んでいたところでした。
急に何もかも全てがうまくいかなくてあたり前ですよね!

yuikaさん、いつも嬉しいです。
そうですね。
本当にそう。


yuikaさんも、とてもキレイな心を持っていらっしゃるのだと
コメントを読ませて頂くたび、想います。
心のヒダを感じます。
それは、誰もが実はもっていて、
自分で震わせられる事が大切なのよね。

けれど、
何かのキッカケで、自ら振るわせること^^

luckyさん、ありがとう!

スキルは教えません!の意味が分かって下さって
凄く嬉しいです。

心の中の宝石は、本当はluckyさんが抱えていたもの☆
その存在に気づいただけ^^
磨かれていきますね^^

nvanvaさん^^
もしや・・・・多分・・・そうね^^
いつも、ありがとう!

メモは、もうとらなくて、いいわよ^^;

そうです!
本当にそう!
何度も何度も繰り返しながら。。。

そして、軸ができると、
ブレながら、工夫したり修正したりして
本当のシッカリとした軸が創られて行くのかな。

その失敗や、うまくいかなかった事は、
今度は、相手を思いやれる温かさが
心から持てたことだと。

うまく行かなくて、ばんざ~い^^/

そして、nvanvaさんのコメント、きっと、読んで下さってる皆さんの励みになったわね
励みになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け入れて:

» pregnant milk gallery []
pregnant belly sister very pregnant belly gallery free naked lactating preggos [続きを読む]

» cat stevens father and son []
incesttaboo incest mom and son [続きを読む]

» homemadeporn.com []
homemade videos home made sex video [続きを読む]

» Generic viagra no prescription. [Viagra without a prescription.]
Viagra prescription price. Viagra coverage prescription plan. Viagra 25mg no prescription. Viagra prescription online. Liability prescription drug viagra. Viagra without a prescription. [続きを読む]

« ちょっと立ち止まって! | トップページ | »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ